So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

結局どれ? 〜市販ヒゲソリ〜

こんにちは。

今回はヒゲソリについてまとめてみます。

というのも僕自身ヒゲが濃いほうで
しっかり剃れれば夜まで綺麗に保つけど
深ぞりできないと夜には青く、、、

日に2回とまではいかないけど、
気になる程度には伸びる。

高校生くらいの時はかなり悩んだもの。

もちろん社会人になった今でも常備はしてて、
大事なイベントがあることが分かっていれば
朝早くに剃り、夜にもう一度剃るといった努力はしています。

だからこそカミソリにはこだわりがあって
色々なものを試してきたので、剃り味やコスパなど
使ったことがある各社のものにどんな利点、欠点があったのか
まとめてお伝えさせていただきます。

結局どれ? 〜市販ヒゲソリ〜

B084D7EC-3A7B-44E0-8E8F-2E7E2015FC0D.jpeg

比較カミソリ
①ジレット(Gillette)
②シック(Schick)
③サムライエッジ
④Xfit(貝印)
⑤フィリップス(Philips)

比較要素:定義
深剃り: 剃りの深さ (1ザラザラ 〜 5ツルツル)
剃り味: 剃りの滑らかさ (1ガリガリ〜 5スルスル)
肌切れ: 剃毛後の出血 (1多い 〜 5少ない)
替刃耐久性: 剃り味の続く期間
替刃価格: アマゾン/小売店での売価
替刃入手難度: 小売店で売られているかを評価
これらを5段階で評価します。

ちなみに僕が常用してるのはサムライ。
出先で使うのがジレットです。
まずは結果を表にすると、ざっとこんな感じ。

剃刀\要素深剃り剃り味肌切れ耐久性価格amazon/小売店入手性
ジレット5543日370円/500円4
シック3237日330円/5
サムライ43310日150円3
Xfit3113日2
フィリップス235半年50001


総括
まず常用しているのがサムライ、
携帯しているのがジレットの理由について。

サムライの良さはそこそこの性能に加え
替刃のコスパが非常に良いこと。

替刃耐久性も僕がこの頻度で替えているだけで
正直もっといけると思う。

反面、欠点は小さい薬局、地方の薬局では
売ってなかったりすること。

出張先で、あれ切れ味悪いなー。
なんて思い始めて、手に力が入ったりして
肌が血だらけになるなんてことも。

携帯しているジレットの良さはやはり剃りの質。
深く、滑らかに、肌を傷つけないで剃れる。

最も品質が高いと言っていいと思います。

またヘッドが小さく携帯して嵩張らないことも良し。

しかし欠点はコスパ。替刃が高いし、劣化が激しい。
というのも、これは使い続けた私見だけれども
刃が悪くなるのではなくて、意図的に劣化しやすいように
なっているのではないかと思っている。

仕掛けは、厚めに作られたスムーサー部分にある。
ジレットはこいつのすり減り方が異常に早いのだけど
スムーサーによって刃の角度が調整されていて、
刃は悪くなってないけど刃の当たり方が悪くなり、
剃り味がみるみる落ちていく。

本体は安いけど、使い捨て部分で
収益を上げるといったシステムを担ってるのかな。

ただしクオリティ自体は高く、だからこそこのコスパでも
商売が成り立っているのでしょう。

でもこの品質なら、本体価格高くして
刃を安くすればシェア独占できるんじゃないかとも思ったり。

以下は他の製品について

シックのいいところはコンビニでも替刃が置いてあること
替刃がそこそこ保つこと。

欠点は剃り味が良くない。ヘッドが大きいこと
曲面や細かいところが剃り難いことから低評価となった。

剃り味、コスパともサムライに負けてしまってるのが残念。

クロスフィットはホテル、温泉で渡されるカミソリの
頭だけ使い捨てられるものといった感じ。

アメニティのものよりは剃れるけどね。

また替刃だけというのはなくて
本体と4つの替刃が付いたものが売られている
それでこのコスパなのだからすごい。

利点はとにかく安い。
とにかく手ぶらで行って手ぶらで帰ってきたい人
忘れてしまった、、!
けどある程度しっかり剃りたい、、!
怪我したくない、、!
なんて時には重宝する。

自分が買った理由も愛用ジレットを出張に忘れてしまったから。

欠点は、他のカミソリと比較するととにかく剃り味悪い。
あとはxfitの現地購入をあてにして泊まりに行くと
売ってないこともあると思う。

使いたくないけどシックより存在意義は見いだせる。

番外編としてフィリップスの電動3ヘッドタイプのもの
電動共通しての利点はとにかく水を使わないというのが楽。

あとは肌が傷つかないこと。
これはかなりのメリットだと思う。

しかし欠点は深剃りできないこと。
切り傷はつかないけど表皮層が毛羽立つ事。

肌の毛羽立ちはカミソリにも言えることだけど
それは刃を直に当てることのトレードオフ。

直当てしてない電動でなるのは期待と違うと思うので、
あえて欠点にあげました。

あと水が必要ないので携帯向きかと思いきや
でかいので携帯するには邪魔。

普段の移動手段が自動車だといいかもしれない。

というのも車大好きな親父はフィリップスを
自分が生まれた時から愛用してるように見える。

彼は僕の数倍は濃い。その男がずっと使うのだから
日に数回剃る人間には電動は正解なのだと思う。

自分はそこまでじゃない。

最後に個人的なおすすめ順を

クオリティのジレット
コスパのサムライエッジ
手ぶら勢のxfit
どこでも買えるシック
水なしで剃れる電動カミソリ

以上、カミソリ情報でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。